寒い時こそ寒いところに行く旅

寒いからといって寒いところが楽しくない、そんなことはないです。寒いからこそ楽しめる楽しみ方が東北にはあるのです。そのうちの一つが冬のレジャーです。スキーやスノーボードのようなレジャースポーツだけではありません。釣りもその一つです。ワカサギ釣りなどは東北の旅の楽しみの一つです。雪を楽しむという意味ではかまくらなどもレジャーと言えます。かまくらの中で楽しむ食事などは東北の冬を感じることができます。かまくらの中は意外と暖かいので、食事をしていても寒くはありません。鍋などを食べると冬が楽しくなってきます。東北人の冬の楽しみ方は冬だからこそ楽しめるものが多くあるのです。地元の人の楽しみ方を学ぶと旅が楽しくなります。

寒い時こそ熱い温泉が気持ちいい

東北には温泉が数多くあります。その中には雪を楽しめる温泉が沢山あるのです。周りが雪だらけの中で入る温泉は格別です。しかもその雪が高く積もっているのです。雪の壁に覆われた温泉などあまり見たことがないかもしれません。このように東北の温泉を楽しむためには寒いことも一つの要素なのです。温泉の景色の中には樹氷という珍しい景色も含まれます。ただ雪が積もっているだけではなく、樹に雪が着雪して固まっている状態です。そんな景色を見てから温泉に入ることも東北ではできるのです。冬の景色と寒い温度の二つが合わさって、東北の温泉を演出しているのです。寒いからと言って足を向けないのではなく、寒いからこそ行ってみると経験したことのない旅をすることができます。